アメリカ文化は帝国主義か

について議論しました。文化をどう捉えるかで全く変わってくるかもしれないけど、ここではハリウッドとか音楽とかのPOPカルチャーを念頭においてます。まあ、どうでも良いといえばどうでも良いのですが。いきなり自信なくてすいません・・・。

話していて思ったのですが、帝国主義の定義によりますね。帝国主義を一方的な押し付けと定義するならば、上記問いはNoです。日本と同様に、アメリカは、他国の文化を取り入れて、真似して、別ものに昇華させるのがとても得意な気がします。アメリカの成り立ち、言葉からしてそうですからね。NYの街には見たことのない寿司を出すスシ屋であふれかえっています。きっとどの国の人でも、NYで自国料理を出すレストランに行ったら、同じ感覚でしょうナ。

ただ、帝国主義を「他国への侵略、自国の押し付け」と定義する場合、ちょっと考えてしまいます。日本の文化はアメリカに侵略されているといえるのかなあ。うーん。イチ日本人からすれば、アメリカ文化が優れていているため、アメリカPOPCultureを選び取っているだけと考えることもできます。確かに日本の伝統芸能なんてどれもつまらないと個人的には思っています。

ただ、じゃあ実際にそれだけ日本の文化、たとえば日本映画にしてもそうですが、それを十分に見ているか、と聞かれると厳しいです。自国文化に触れる機会が、(ほぼ)自動的、強制的に奪われているとすると、やっぱりそこに競争原理は働いてなくて、帝国主義的な側面もあるかもしれまへん。

夕方は教授に呼ばれて、今週木曜日にあるプレゼンについて説明しました。心配されているのかなあ。この2,3日相当気合を入れて作ったPowerPointで説明。好感触だったのでホッとします。結局2時間ぐらい色々と話しました。

その後、Brentと英語のレッスン。トマトとモッツァレラチーズのサラダを食べながらです。3.5ドル。ここでもプレゼンの練習をしました。どうなることやら。

相当面白い動画を見ました。名古屋出身にはたまりません。
ドアラ
ニコニコ動画バージョンもマジで面白いです。腹筋が・・・。
[PR]
by noritaya | 2007-11-28 17:18