LAへ

起きたら11時過ぎ!何と。こんなに寝坊なのはラスベガスに慣れてきたからでしょうか。あまり居過ぎるとまずいことになりそうなので、今日LAに移動することにします。

チェックアウトするときに、テレビでファストチェックアウトを見ると、使っていないネットワーク代が35ドルも取られているではありませんか。文句を言ったら、ネットワーク部分が重量感知装置になっており、その部分を触ると自動的に加算されるとのこと。何だそれ。さすがアメリカ。お金をとることに関しては、技術の粋を集めることを厭いません。使っていないので、もちろん払い戻してもらいました。

バフェは飽きたので、ニューヨークニューヨークでホットドック。4ドルもします!高い!その後ゲームセンターへ。二人でバスケやピンボールで遊びます。平日から、遊んでいますねえ。(←まるでヒトゴト)
c0124895_1619574.jpg


LAまでは約4時間半。途中、アウトレットに寄って大きなバックを買ったり、高速を20マイルくらい逆に走ったりしながらも、8時半頃にはとうとう目的地のLAに入りました。LAは小学生の時に2,3日訪れた記憶があるのみで、恐らく20年ぶりくらいです。とうとう最後の目的地が近づいてきました。既に走行距離は6,500キロを越えてます。走った州は、カリフォルニア州で13州目です。FreeWayの車線が片道6車線くらいあっても、とにかく周りの車の運転が荒いのでヒヤヒヤします。

LAに入ると完全に道に迷いました。ダウンタウンに行きたいのに、何故かどんどん暗い山を上っていったり、何だか危ない雰囲気につつまれたりと、もうさんざんです。腹が二人とも減っていたこともあり車内の雰囲気は悪くなる一方。ピンチ!

5,6件目でようやくリトルトーキョーの北側(南側、特に10stからは危ないと聞いたので)に宿がとれました。学生割引を主張して90ドル。鍵を受け取ってヘロヘロで部屋の前まで行くも、鍵が開かない・・・。何度やってもあかない・・・。フロントに行っても、追い返される。フロントにもう一度行ったら、じゃあこの部屋にしろとばかりに、違う部屋の鍵を寄こしました。おい!そんな対応でいいのか!色んな意味で!部屋は狭い感じです。やはりLAは大都会のようです。
c0124895_16305373.jpg


荷物を置いてすぐにとなりのハンバーガー屋へ。何だか妙に雰囲気の良い店ですが、もはや関係ありません。ステーキとカラマリとチーズ揚とティラミスを二人でガツンと食べました。やっぱり人間お腹が一杯になると穏やかな気持ちになります。大満足でホテルへ帰還。さっきまで、二人してさんざん罵っていたフロントの人へも優しい目を向けることができます。

明日は、Mが小学3年生まで住んでいたパラペーニョみたいな名前の土地を訪問するというので、それに付き合います。夕方からは、私の職場の先輩がLA領事館に勤めているということで、家にお呼ばれの予定です。あ、あと今回の目的であるルート66走破のために、太平洋を見に行かなければいけません。あ、車も返さなきゃ。
[PR]
by noritaya | 2007-08-15 16:35