L09 (エル・オー・ナイン)

とうとう本日発売になった。LO9(エルオーナイン)。全く新しいブランドラインだ。

2年前、世界的なプロダクトデザイナーである坂井直樹先生と、Venture BEATの会場で偶然お会いさせていただき、その時先生が持っていたクラッチバッグが、びっくりするぐらいカッコよくて、思わず触ってしまった。

聞いてみたら、何と先生自身の手作り。

auのデザイン携帯や、日産のカーデザインをされるようなバリバリの工業プロダクトデザイナーの方だと思っていたので、驚いた。

その時、ビジネスバッグのデザインなんて興味はありませんか、と冗談半分で厚かましいお願いしてから2年。

とうとう先生と、新しいブランドを立ち上げるまでに至った。

今回のビジネスバッグのコンセプトは、
「最高の素材を使って、最高の日本の職人が、最高のプロダクトデザイナーのもとでカバンを作ってみたらどうなるのよ?」ということ。

ここに至るまで、職人さんとデザイナーのやりとりは数十回。
普通、カバンのデザインから発売までは長くて数ヶ月だが、今回はたっぷり二年かかった。その驚くほどの細部へのこだわり(ホントすごいんです!)は、一流の職人も音をあげるほど。

職人さんは、120年の歴史があるトーリンが知りうる限りの、最高の職人さんにお願いして作ってもらっている。

私は3ヶ月前にサンプルを見たのだが、かなりヤバイっす。他のカバンと全然違う。しばらく撫で続けました。毎朝、カバンを持つときに、すこし嬉しくなること請け合い。これを持ってミーティングとかに行ったら、思わずカバンを机の上に置いてしまうだろう。

私は、その場でサンプルを購入してしまって、その時使っていたValextraを父にあげてしまったくらいだ(ホントです。父に聞いてみてください。無理か・・・)。


あ、あと、素材に関しては、イタリアのブッテーロを使っている。私はこれ以上に気持ち良い高級感のある革を知らない。

ブッテーロとは、彩度の高い発色と、イタリアらしい艶っぽいムラ感、繊維密度が驚くほど高いことで有名だ。使い込むほどになじみ、独特の味わいを増して深みのある色ツヤへと変わっていく。
よく、一度ブッテーロの製品を持つと、癖になって他のを買いたくなくなるとも言われる。
c0124895_15492100.jpg

結果、素で採算度外視になってしまった。
初回ロットは数本で、Web販売のみということもあり、かなり趣味に偏った。

また、このLO9ブランドの他製品は、来月から銀座のバーニーズニューヨークでの販売が開始される。

以上、宣伝になってしまいましたが、現在はWeb購入のみ。
よろしければ、サイトを見てみてください。
[PR]
by noritaya | 2010-03-31 15:49