<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

この1年半で状況が目まぐるしく変わったこともあって、私は就職活動を幅広くした方だ。

一般的にMBA卒業生で、キャリアチェンジを目論む人は、投資銀行とかコンサルといった外資系企業に就職する。日系の企業に就職する人は稀だ。サムソンやLGが現実的な就職先としてある韓国とは状況が大きく異なる。

なぜ日系企業に就職しないのか。

もちろんリスクが高すぎるからだ。

私の場合は外資系にこだわらず、日系企業も沢山面接をした。
いくつかの、日本企業との面接を通じて、やはりMBA取得者が日系企業に就職するのは難しいんだな、という想いは強くなった。

たとえば、

○面接官がMBAは意味がないということをやたら強調する。

○「中途と社員」と何度も言う。「中途入社」の対義語は「新卒社員」ではなく、「社員」みたいだ。

○自分たちの社員は同世代の最高の層がそろっているという自信があって、中途に求めるのはそこに対するスパイス(本当にこう言ったんです)だ。

○英語力の基準があるから、とにかくTOEICを受けてくれと言われる。

これが日本企業で働く場合の、自分のせいぜいの実力なのだろう。突破力どうこうで多少のブレはあるけれども、このような体制の中で働けば、きっとそういうパフォーマンスが出てくる。

何だかんだ言って、日本のほぼ全ての大企業は新卒で入社しないと偉くなれない。
日本企業がこのままで良いのかというアツイ問題はさておき、この事実の前には、どんな経歴だろうと、中途入社である限りやっぱり外様なのだ。

MBA私費組、キャリアチェンジャーで日系企業出身の人が極めて少ない理由は、この事実が良く分かった上で、リーズナブルな判断を下しているに過ぎないのだと思う。結果、MBA卒業生は外資系企業に多く入る。この状態だと、怖くて日系企業にキャリアを賭けられっか!ということになるからだ。
一方で、そういう外資系に就職するMBA学生たちを、日系企業の人事の方は「日本企業の力学が分かっていない、英語だけは少し喋れるスカした奴」と映る。彼らはますますMBAなんて要らねえ、と思う。

そうして両者の溝はどんどん広がっていくのだ。
[PR]
by noritaya | 2010-02-22 17:50
最近は謝っている人の姿をよく見る。
今日、タイガーウッズも謝っていた。この事件は、人種問題ともからまりあって、アメリカ人には相当ショックだったらしく、大きく報道されている。

そういえば先日、危機管理の授業があった。

メディアではTOYOTAの社長の謝り方が四の五の言われている。個人的には、英語で、自分の言葉で謝っている感じだったので、全然悪くないと思った。クラスメートもそういう感想が多かった。

そういえば、DOMINOピザ事件というものがある。

ドミノピザの店員が、ふざけてポテトを鼻に入れたり、ピザにおならをかけたりしながら作っている様子がyoutubeにupされたのだ。顔も出ていることもあって、大問題に発展。

これに対応してCEOがビデオを発表。

欧米企業ならではかもしれないけど、この徹底的な対応と、記者会見を通じないダイレクト感、リアルタイム感は面白いと思う。
[PR]
by noritaya | 2010-02-20 03:18
as hell, as fuck すげえ、超~ 
強調したいときに使う

corner office 大事な役職
日本の窓際とは逆の意味。オフィスでは偉い人が角にいるため

Big Swinging Dick (投資銀行等での)スタープレーヤー rainmakerのこと
これは結構使われてます

Tag Hag ブランド大好き人間のこと
お洒落な言い方ですね

英辞郎に載ってないとちょっと嬉しい。
[PR]
by noritaya | 2010-02-18 15:43
Turnaroundマネジメントの授業が引き続き面白い。

今日は衰退産業の中でどう生き残るかについて。相変わらず理不尽なまでのReadingが課され、週末はそれを読んで過ごした。衰退産業の中でも大きな利益をあげた企業は数多く存在する。非常に興味深い授業だった。

さて、アメリカの衰退産業といえば、なんといっても出版業界、特に新聞業界だ。

ここ数年間でものすごい数の新聞がつぶれている。
新聞業界は崩壊どころか、融解という言葉が使われる。本当に産業として死にそうなのだ。
インターネット専門になった新聞社も沢山ある。
M&Aにかかると、非常にブランドネームがある新聞社ですら、$5M(4~5億円)くらいの値段しかつかない。

経済以外の最大の要因はやはりインターネット。
特にアメリカはローカル紙しか実際に無く、彼らの広告収入はローカルに根ざしたもの。ローカル新聞の広告収入の4割を占めていた3行広告はクレイグスリスト(※1)に完全にもっていかれた。こういうのを破壊的イノベーションというのだろう。

それにしても日本にはクレイグリストのようなものは無いですね。

このアメリカの現状が、将来日本にも起こり得るかについては議論があるかと思う。
起こらないとする理由の第一は、日本の新聞業界の特殊性だ。
とにかくその巨大さに、調べてみると驚く。

1 Yomiuri Shimbun (Japan)     14,067
2 The Asahi Shimbun (Japan) 12,121
3 Mainichi Shimbun (Japan) 5,587
4 Nihon Keizai Shimbun (Japan) 4,635
5 Chunichi Shimbun (Japan) 4,512
6 Bild (Germany) 3,867
7 Sankei Shimbun (Japan) 2,757
8 Canako Xiaoxi (China) 2,627
9 People’s Daily (China) 2,509
10 Tokyo Sports (Japan) 2,425
(右の数字は発行部数(1000部))

何と世界最大の新聞の一位から五位までを日本の新聞が独占。
10位の中で実に7つが日本の新聞社だ。これって何だかすごいことな気がする。

アメリカ最大のnational newspaperであるU.S newsですら13位。
東スポにも及ばないのだ。

ただ、時間の違いはあるかもしれないけど、やはり衰退のモメンタムは変えられない気がする。

つまり、現在のアメリカの姿が、将来の日本の新聞業界の5年後の未来なのか、20年後の未来なのか、その違いでしかないような気がするのだ。

(※1)クレイグスリスト
Craigslist。不動産情報、求人情報、コンサートや野球などのチケット情報など、特定の都市・地域に限定された様々な情報を住民などが投稿して掲載する地域情報コミュニティサイト。
[PR]
by noritaya | 2010-02-16 14:13
日本企業の雑感を3つ。

①トヨタ
トヨタはすごい。何がすごいって、こっちの報道っぷりがすごい。

日本のテレビを見ているわけではないけど、日本のネットでの扱いから察するに、日本での報道の5倍ぐらいアメリカでは激しく報道されている。

CNNでも毎日トップ報道され、Wall Street Journalでは連日一面を飾っている。CBSの玄関にはテレビ画面が設置されていて、最近は、画面を見るといつも社長の映像やトヨタ車の映像のニュースが流れているので、足早に通り過ぎるようにしている。
c0124895_15121067.jpg

アメリカで一番になったのがアメリカ国民の恨みを買ったとか、激しいロビイングがあったとか、兵站線が延びすぎたのが原因だとか、調子に乗りすぎとか、社長が悪いとか、もう本当に色々言われていて、良くわからない。

アメリカ人には創業家の社長就任→向こう見ずな経営→品質低下→リコールという、もうどこから突っ込んで良いか分からないほど単純な図式が出来上がっている気がする。

いやもう良いのです。報道以上に、とやかく言うほど知らないから。

ただ、胸が痛いのだ。

悪いものは悪いと頭では分かっているのだけど、ドラゴンズ好き、グランパス好き、赤味噌以外は味噌汁と認めない大名古屋出身の私は、まったく個人的に、心を痛めている。

②JAL
日本航空のニュースも多い。提携先の問題で、アメリカの航空業界にも大きな影響を与えるからだろう。
私はJALが大好きなので、本当にこれまた残念だ。
c0124895_15123691.jpg

少し前、40年程前にMBAを卒業した大先輩は、海外旅行が自由に出来ない時代、JFKのデッキから鶴丸を見て、胸が熱くなったそうだ。それが今や・・・。
がんばれ、JAL。

③ユニクロ
c0124895_15114443.jpg

今日のWSJの一面はユニクロ。なぜ今のタイミングで出てきたか、全く書いていないので、おそらく観測気球なんだろうけども、ユニクロが海外の買収先を探していることが記事になっている。

具体的な買収候補として名前が挙がっているのはGAPとH&M。売上世界6位のアパレル企業が世界1位と3位の企業を買おうとしているのだ(ちなみに2位はZARA)。

柳井社長は「買収先は大きければ大きいほうが良い」と言って、買収資金として1兆円を用意しているとのこと。私はブログにユニクロックを貼っちまうほどユニクロファンだ。

柳井さんの本も全部読んでいる。今日もSOHOを歩いていて思ったのだが、驚くほど、本当に驚くほどユニクロの買い物袋を下げている人が多い。

ただ、ニューヨークのユニクロSOHOは、以前ユニクロでバイトをしていた人に言わせると、「日本だったらマネージャーを呼ばれるほど」の対応だとか。

リコール対応とか、経験マーケティングとかが重要になってきて、モノさえ売っていれば良い時代は終わったのだ。やっぱり海外進出って難しいんですね。
[PR]
by noritaya | 2010-02-13 15:16
ニューヨークに愛の告白をしたそばから恐縮なのだが、やはり日本のモノは良い。

CBSには日本に行ったことのあるアメリカ人が結構いる。彼らと話をしていると、日本の物を輸入するビジネスについての感想を求められることがある。

難しいビジネスモデルの話ではない。

だけど、その物をベースに、何故アメリカには無いのか、アメリカで売るためにはどういったマーケティングをするべきなのか、なんて頭の体操をするのは楽しい。

まず人気があるのが、シャワートイレ。
ジャパントリップ時にも皆が写真を撮っていた、色々な機能が付いたトイレだ。
これについては、実はハーバードでケースも書かれている。やはり問題になるのは、衛生観念の違いとToiletに対する期待価格の大きなズレだ。

「君らは産まれた時からシャワートイレがあったから普通かもしれないけど、大人になってから見るとギョッとするものなんだ」と言われたけど、日本においてもシャワートイレが広く使われ始めたのは、そんなに昔じゃない気がする。

あと、今日言われたのが、巨峰。
確かに美味しいけど、何分価格がねえ。
c0124895_14215780.jpg

ブドウ一房に10ドル以上払うアメリカ人はなかなかいないだろう。ビバリーヒルズかアッパーイーストなら売れるかもしれないけどネ。ただ、アメリカでは果物を贈答用で送るという概念が無いので、そこから変えにいけばチャンスはあるかもしれない。

ワタシの場合、やっぱり価格のせいで日本では殆どブドウを食べなかったけど、こっちに来てからはかなり日常的に食べるようになった。
[PR]
by noritaya | 2010-02-06 14:22