<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


このMTVアワードのJanetとの共演はカッコいい。この映像の直後、Janetは深くお辞儀をする。

その前のマドンナの追悼スピーチ

保守的な黒いジャケットとスカートをまとい、暗いステージに登場したマドンナは、「マイケル・ジャクソンは1958年8月に誕生しました。私も同じです。マイケル・ジャクソンは中西部の郊外で育ちました。私も同じです。マイケル・ジャクソンには8人の兄弟姉妹がいました。私も同じです。マイケル・ジャクソンは6歳でスーパースターになり、おそらく世界で最も愛された子供でした。私は6歳で母を亡くしました。私は彼の方が貧乏くじを引いてしまったのだと思います」と語り始めた。

「私には母がいませんでしたが、彼には子供時代がありませんでした」とマドンナは続けた。「人は何かに恵まれないと、そのものに取り付かれてしまうのです。私は子供時代を、母親代わりを探すことに費やしました。時々はうまくいったものです。でも、生涯を通じて世界中から監視されている場合、どうやって子供時代を再現すればよいのでしょう?マイケル・ジャクソンが、世界が知り得る最高の才能の持ち主だったことには、疑いの余地はありません」。

そしてマドンナは、1991年にマイケルとディナーに行った話や、その後に疎遠になってしまったことへの後悔を語り、大喝采を浴びた。

「最初にマイケルが亡くなったと聞いたとき、私はロンドンに居て、数日後にツアーの初日を控えていました。マイケルは私と同じ会場で1週間後にライブを行う予定でした。そのときは、自分が彼を見捨てたということしか考えられませんでした。私たちは彼を見捨てたのです。私たちは、かつて世界に火をつけたこの雄大な人物が、見過ごされるのを傍観したのです。彼が家庭を築き、キャリアを再建しようとしているときに、私たちの誰もが批判ばかりしていたのです。私たちのほとんどが彼を無視しました。彼の思い出にしがみつこうと絶望的だった私は、インターネットにアクセスし、テレビやステージで踊って歌う彼の映像を観ました。そして、"ああ、彼はなんてユニークで、オリジナルで、レアなのかしら"と思いました。彼のような人は二度と現れません。彼はキングでした」。


そう、This is itを観にいった。せっかくなので、アポロシアターのまん前のMagic Johnson Theatreにて。
冒頭、ものすごい倍率を勝ち抜いたダンサー達が、マイケルの訃報を聞き、「人生は時に辛い」「まだ自分にとっては何も始まっていないのに」と泣き崩れるシーンから始まる。小学校の時からマイケルにあこがれ続けてきたシンガーや、素晴らしいテクニックのギタリスト、全員がこのコンサートに関わることで大きく人生を変えようとしていた。

素人では分からないほどのわずかな前奏のリズムまで何度もやり直しをさせるMichael。彼のProfessionalizm、この公演へかけていた想いを感じることのできる映画だった。


最後はMan in the Mirrorだった。
[PR]
by noritaya | 2009-10-30 17:27